Lちゃんの病院へ付き添い

 19, 2017 20:00
弟の奥さん(Lちゃん)に付き添って病院に行ってきました。

Google翻訳を使いつつ、結局使えないと、私の下手な英語で最低限の事はなんとか。

というよりLちゃんはあまりわからなかったと思うので、
詳細は後日私が聞いたことを弟経由で伝えてもらいます。


話せなかったことを簡単にメモメモ。


C型肝炎の血液検査はした?

手術したことある?

(今まで検診していた国の資料で)出産予定日が二つあるけど、どっちが正しい?


保険証、診察券、産褥ショーツ、骨盤ベルト、無痛分娩、
母子手帳、
などなど


受験英語では見てない単語ばかり必要でした。

前開きのパジャマ、も説明できませんでした。
(これは簡単そうなのに、私の英語力の問題)


赤ちゃんの臍帯血のこととか、入院の料金の事とか
(夜に入院したり処置によって変わるとか)
看護師さんに聞いたことを、教えてあげたかったけど到底無理なので、そのあたりは弟に任せるとして。

”持ち物”という英訳もできなかったし、母子手帳のことを心配して聞かれたときも、

”It's OK. You can get this.(資料を指す)”
とはいえたけど、

”これを持って行ったら母子手帳がもらえるよ”
くらい言えるレベルになりたい。

もう少し英語話せたほうがいいな、私。
と思った数時間でした。

子育て英語はネットでもよくあるけど、妊婦さん向け英語サイトなんてあるのかしら?
調べなくちゃ。

それから、年のせいもあるでしょうし
Lちゃんにとっては私が一番話しやすく、病院の方も英語が話せない
という状況のせいもあって、周りの目は全く気にせずLちゃんと話しました。

これで弟がいると私はどうしてもLちゃんに聞きたいことも弟に話してしまいます。
きっと子どもたちも同じなんだろうなぁ。

日本語を話せる人の前でなかなか英語、話さないよね。
やっぱり自然に英語がでる環境づくりが大切かな。

ボチボチがんばります


せんえつながらブログ村に登録してみました
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?