多読記録 和訳が出ている本~娘の場合

 26, 2017 10:00
娘 多読記録です。



↑ORTのKipperの話にしては娘は面白くなかったそうです。
ライト兄弟の話だそうで、男の子は楽しいのかも。

やっぱり英語の本は未読の本を用意しなくちゃいけませんね。

日本語の本のように再読をすることはあまりないようです。
和書は、気に入ったものは本当にくり返し、くり返し読みます。


それからCDで読んだ本のかけ流しができていません。
予約しなきゃなぁ、と思いつつおざなりに・・・

それから有名な『Nate the Great』の原書を借りてきたのですが、
こちらは和訳したものを以前読んでいました。

で、”英語では読む気がしない”
そうです

残念。

英語育児をスタートしてから和訳の本を借りたので
その時も借りるか否か迷ったのです。

内容を知っていたほうが、読めた気になったりなじんでいていいかな、
という考えと
もう話を知っているので楽しんでくれないのでは?
という考え。

『Nate the Great』に関しては、娘は後者でした。
”かわいいお話(たぶんrainbow magicみたいな)ならいいんだけど”
と言っていました。

子ども一人一人で違うんでしょうね。
娘の方に本の内容によっても違ったり。

おそらく、冒険ものなどでも日本語の本を読んでいないものは大丈夫だと思います。
(母の希望をこめて)

『Magic Tree House』の和訳版は借りてこないようにしなくちゃ。
他にもうっかり借りてこないようにしないとなぁ。

多読記録 182冊 109,395語

それから、少し前に3ヶ月で10万語に達成したと書きました。
少しだけ調べると、もしかして、自慢っぽくなっちゃってるかも?!と恐縮&心配の母です。

(まぁ、全然話せないし、発音もまだまだだし、
2年生でYL1.0レベルでおやこ英語界では
自慢できる部分はなにもないのですが・・・
ブログだけ見ると、すごく早く読めるようになったと見えちゃうのかしら?とか)

最近書いている記録は、娘が自力読みをし始めてからの記録ということで、
自力読みをし始めてすぐは読み聞かせることもあって、
その冊数もいれています。

それから残念ですが、音読しているわけではないんですよね。
音読していたら、ほんとにものすごーーーいことだと思うのですが。
多読記録にカウントしている本のほとんどは黙読です。
(そうです、自己申告のみ絵を眺めて楽しんでいるだけでないといいのですが。)
そして、今の音読の取り組みはRazのみです。

全く覚えていないのですが、
ここ最近は母が読み聞かせしたものはカウントに入れないようにしました。

読み聞かせは純粋なお楽しみに♪

前にもちらっと書いたのですが、
公式に認めてもらうものではないし、
母と娘の中で取りくみやすいルールでいいのかなぁ

モチベーション維持のため、ということなので。
マイルールカウントでいいかな、と思っています

YL1.0くらいになると語数も増えてきてカウントするのが楽しくなってきますね

Happy Reading~♪(←昔から使ってみたかったコトバです、ドキドキ


せんえつながらブログ村に登録してみました
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?