インターのアフタースクール見学

 25, 2017 11:00
インターのアフタースクールっていうのかな?
昼間にインターの学校をしているというわけではないし、
幼稚園や学校が終わってからの時間の
インターナショナルスクールを見つけ、見学に行ってきました。

近々したいこと(こちら☆)の一つです。

予想通りだったことと予想外だったことがありました

まず予想通りだったこと。
娘が”いきたーい”といって、息子は”いかなーい”。

”おやつがもらえるみたい”
と息子に言ったら、一瞬目を輝かせていましたけどね

未就園児のレッスンは6人くらいでネイティブの先生。
途中からの見学だったので、なんとも言えませんが、
うーーーん、嫌がるのを無理してまで入れなくてもいいかな。
幼稚園からも遠いし。
おうち英語でいいかなぁ、という感じでした。

小学校のクラスは生徒2人にネイティブの先生と日本人の先生。
日本人の先生は私たちと一緒にいてくださって、ネイティブの先生がレッスンを進めていました。
今回はおまつりの勉強とアクティビティとしてクッキング。

なんと予想外にとてもレベルが高かったです。

見学に行ったところは本校が別にあって、今回見学に行った校舎は今はプレ開校中。
ということで生徒もまだ少ないようで、その小学生の生徒2人もなんと4,5年海外にいた帰国子女。

お祭りの資料なんて、全然わかりませんでしたよ、私。
先生の言っていることも、生徒さんの答えも

もともと息子のクラス見学と思っていたし、
これは、すたこらサッサと退散かなぁ、と思ったのですが、
娘の習い事大好きはだてではありませんでした。

”もっと見ていきたい!入りたい!”
”先生の言ってることわかった?”
”わかんないけど、やりたい!!”

もう、その根性に拍手って感じでした。

未就学児のクラスはテストなく入れるそうですが、
小学生はテストを受けなければならないそうで。
英検4級~3級レベルの筆記と面接とのことです。

”ライティングあんまりしてないしねー。”
と言ったら、
”○○(自分の名前)やる!!”
”テスト受けてみる!!”

娘はすごくおとなしい性格なんです。
学校でも習い事でも誰かに話しかけてくれるのを待っているタイプ。

でも、習い事だけは大好きで。
その情熱にビックリ。

ただ、その後、帰り道は渋滞にはまって、娘、息子ともに眠気で
ぐずりまくりでした。

しかも学校の宿題を済ませていなかったのに
食事も半分で寝そうになり、、、
週2でこのぐずりは厳しいなぁ。

私が誰かに話したのを聞いていたのか、自分で
”○○(娘本人)って、気持ちに体がついていってないんだよね~(困)”
と言っていました。

その通りだよー。

でも、その情熱はホントにすごいと母は思ったよ。
ちんぷんかんぷんだったレッスンを心の底から
”やってみたいっ”
って言ってるんだから。

レベルを確認するためにテスト受けるのでもOK
と言ってくださったので、かつ
娘は受けてみたい!
と言っているので、どこかのタイミングで受けるかもしれません。

ちんぷんかんぷんなレッスンを受けたいなんて
小学校高学年になったら言わないかも。

4月に正式オープンとなり、新しい生徒さんが入ったら変わるかな?
本校の方では幼稚園からはじめて小学生のクラスに行っている子が多く
レベルはここまで高くはないそうです。

(未就学児のクラスに通っていた子はテストなしで小学生クラスに移行できる。
年長さんから入った子も小学生のクラスに行けるそうで、
実際本校には年長さんの1月~入った子がいるとのこと)

というわけで、おうち英語を小さいころからされていて
英語が話せる子には、ここの小学生のクラスは願ってもないスクールのように感じましたが、
わが家にはレベルが高すぎました。

でも、あの学校行きたいって娘が頑張ってくれるなら
見学に行ったかいがありそうです



せんえつながらブログ村に登録してみました
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?