『The 12 days of Chritsmas』日本語版を読んでみたら

 21, 2016 10:00
さて、また図書館に行きました
といっても、今回は延長手続きがほとんどで、返却した本の代わりに息子の再読用にORT2、ORT3辺りを借りてきました。

先日、車でORT2が流れていた時、息子は

“聞いただけじゃわからな~い”

と言っていたんです。随分前に読んだので忘れちゃってるようです。

絵を見たら思い出してくれるかな
娘は“えーーー、わかるよ~”と言っていましたが。

その図書館でクリスマスの本のコーナーがあって、ふと目を向けると

”ん

『クリスマスの12日』



これは先日おうち英語の会で読み聞かせしていただいた本『The 12 days of Chritsmas』の日本語版
思わず借りちゃいました。

家にかえって
“こんなの見つけたよ~
と子供たちに読んでみました

楽しそうに聞いて、途中で娘が英語で歌ったり
息子が”聞きたいから歌わないでー”と叫んだりしながら
半分くらい読んだところで

“あー、もう聞かなーい。日本語と英語がごちゃごちゃになっちゃうよー
と、半分わらいながら娘ちゃん。

あちゃ、母は“いらんことしい(余計なことをしちゃう人)”だったようですね

まぁ、借りる時少し迷ったんですけどね、
日本語見ないほうがいいのかなって。

でもでも、気になっちゃったんですよね、母が

というわけで、立派な失敗談でしたが、確実にいい出会いとなったクリスマスの本と歌でした



せんえつながらブログ村に登録してみました
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?