FC2ブログ

息子の友達力

 23, 2018 10:00
☆ 息子1年生 ☆

学校の送迎はしていますが、学校でお友達と楽しくやっているようです。

お友達と遊ぶのが大好き☆

本当は毎日遊びたいみたいだけど、近所にも同級生の子があまりいなかったり、

習い事をしていたりで、なかなか平日の学校後には遊べないのが、不満のようです。

本当は思う存分遊ばせてあげたいけどな~

生きていくうえでは友達を作る力、コミュニケーション力ってもしかして勉強より大事かも、
と思います。

昨日はスイミングがありました。

当初嫌がっていたスイミングですが、今は”行きたい行きたい!”と楽しみにしています。

観覧席から見ていると、知らないお友達とも楽しそうに潜りっこしたりして♪

”あのね、水に潜って変な顔して早く出ちゃった方が負けなんだよー。
そうやって遊んでたら、お友達になったんだよ。”

すっごい楽しそうな様子に癒されます
スポンサーサイト
娘は部分登校です。

2時間目と6時間目だけ受ける。
とか2,3時間目だけ。
5時間目だけ。
色々です。

たいてい前の日に娘から”相談したいんだけど”と言ってきたりして決めますが、
当日変更もありなので、逆に本人が悩んでいる時間が増えてるような気もするところが悩みですが。

HSCの特性でもある、深く考えすぎる性格なので決めてからも、
”テストだから受けたほうがいいかも”とか
”でも、前の時間こうだから疲れてるかも”
などなど色々考えているようです。

私は前回書いたような送迎の合間をぬって買い物をしたり家事をしたりという感じです。
スムーズに機嫌よく娘が行ってくれる日はまだいいのですが、
この日も一度帰った時に”Youtubeの英語変換が上手くできなかった”ことで
私の対応ミスもあり大号泣。

また機会があれば書きたいですが、近所にもHSCの子がいて、その子は全く泣かないそうなのです。
ただ黙っている。自分の世界にいる。
それはそれで心配もあるのでしょうが、泣かないというのがうらやましかったりもします。

私としてはこの大号泣というのが正直かなりメンタルをやられてしまいます。
私自身が家事など他のことに取り組む平常心に戻るのにかなり時間を要します。

夜中にうなされて泣きながら起きるというのも、週に何度もあるので、
この号泣がなければ、せめて夜中に泣いて起きるのがなければ、どれだけ楽かなぁ、と思ったりします。

前に精神的に追い詰められた時も、私自身が睡眠不足の時だったので、
私自身の睡眠と体調管理はすごくすごく大切だなぁ。

それにしても、娘は本当に毎日毎日赤ちゃん並みによく泣きます。
そりゃ、そんなに毎日号泣してたら疲れるよね。

それでも、”ママが世界一大好き。ずっとずっと離れない”とくっついてくるので、
”どこにも行かなくていいんだよ、ずっとそばにいていいからね。”
というとニッコリして寝たりします。
まだまだ、かわいい年頃ですね

息子との兼ね合いも悩んだりですが、もっともっとただただ抱きしめてあげられる母になりたいな。
うむ、母力つけなきゃなー。

学校と自宅の往復

 21, 2018 20:00
一般的には夏休みが終わってホッとしている”お母さん”が多いのでしょうか。
うちは、学校あると、いそがしー、という感じです。

先日は新記録で学校と自宅を8往復しました。
こっぱずかしくて顔を知っている人には(主人にも)言えません。

07:30 息子送り
08:30 娘送り
10:10 娘迎え
12:45 娘送り
12:50 娘の靴、届ける
14:30 娘のお茶、届ける
15:00 息子迎え
15:30 娘迎え

この日は靴とお茶を届けるのが入ってしまい、8往復!さすがに新記録っ

普段は5,6往復くらいが多いです。
娘が1、2時間目と6時間目など2回登校することが多いためです。

この日、2回目に送った時、娘がビーサンを履いていってしまい、このままでは外掃除のときに恥ずかしいから行けないと泣くので、
”靴だけ届けるから”とすぐに折り返して届け、
お茶も届けなければ、帰ってから大変なことになるのが目に見えていたので、気づいてすぐ届けました。

息子の送迎を今フェードアウトさせようとしているところです。
1学期完全お迎えだったのを、一人になる場所までのお迎えになってきました。

朝は通学班で通っているし、”君だけでもいってくれよー”
というのが心の叫びですが、娘がすぐ近くで布団でくるまっていたりするので、行ってくれるだけがんばっている
と思ったりもして。でも、息子には行ってもらおう!うん。そのうち。

息子の勉強

 20, 2018 20:00
☆ 息子1年生 ☆

娘は自分からせがんでワークをしたがる、調べるのが好き、まとめるのが好き、字を書くのが好きな子だったので、
ワーク嫌い、読んだり書いたりはしたくないタイプの息子の勉強への誘導に四苦八苦しています。

本人が気が進まないなら、と、”やってみる?”と声掛け程度で、幼稚園の時は本当にほとんど何もしていなかったし💦

年長さんになってあわてて、百だまそろばん買ってみたり、わたわたしておりました。
そして、今もわたわたしております。

漢字はなじむところから、と、お風呂に

を貼って、”虫”とか”木”から雑談っぽく話しかけてみたり、
口っていろんなところに隠れてるね、探しっこしよーとか。漢字遊び。

自分から”カタカナのロ見つけた!タもあったよ!!”
なんて興奮気味に教えてくれたりして、これは成功してます。

夏休み前に有名な

これを買いましたが、例文を読んであげるとケタケタ笑っていましたが、
書くのがすきではないので、やっつけで取りくんで身になっているか疑問。
先に全体的に習ってから、読めるようになってからの書きだなぁ気づきました。

少し親しんできたところで、スマホアプリを入れてみました。

これは娘もたまに使っています。
娘は漢字をかくのもものすごーーーーーく丁寧に書くんですよね。
それでむちゃくちゃ時間もかかる。
字もきれいだし、それは素晴らしいことだけど、それまた疲れるようで。

息子はすんごく字が汚いです。
娘が1年生の時の男の子の字を見て(汚さに)ビックリしましたが、息子がまさにそんな字です

私は汚くてもいいかぁ、という感じなのですが、
担任の先生が字のキレイさに厳しいので×ばかり。
余計勉強キライにならないか、ヤキモキしたりも。

それにしても、アプリ様様です。
娘の時はワーク以外なにも考えてなかったけど、こちらも色々工夫しなくちゃな。

そもそも鉛筆の持ち方が違う気がするのですが、注意しすぎても嫌になっちゃうし、
ということで試行錯誤中です。

歴史の本は号泣

 19, 2018 20:00
☆ 娘4年生 ☆

最近借りてきた本↓


このシリーズで他に『夏目漱石』と『宮沢賢治』を借りてきました。
もともと戦争の描写があるのは絶対ダメだと分かっていたので、パラパラをして読みして、大丈夫かもなぁ、と試しのつもりで。

他の本とともに置いておいたら夢中で読みだした娘、全部の本を読み終わり・・・

大号泣!!!

偉人の一生を描くような本だと途中で、肉親が亡くなったりという場面がありますよね。
昔の話だし、若くして亡くなるとか。

そういうのがあるともうダメみたいですね。
しばらく大号泣していました。

前に書いたかもしれませんが、小学生新聞で北朝鮮の拉致被害者の記事が出ていたのを読んだ時も

”なんで?なんで?こんなことするの?ママなんとかして。”
と言いながら大号泣していたことがありました。

人の気持ちに敏感で自分のことのように感じるんですよね。

それでも一度読んだら大丈夫なようで、もう一度読み直していました。

そういえば2ヶ月くらい前に私が唯一もっていたマンガ『エースをねらえ』を実家に帰った時に見せてみたら、
途中で(気持ち的に)しんどくなって”もういい・・・”と。

やっぱり娘には『アラレちゃん』の英語版みたいな、なんにも考えずにただただ笑える本が息抜きにはいいのかな。

今年も私の弟からのプレゼントで『アラレちゃん 英語版』の続きが届くので、楽しみにしています。

日本のAmazonにはKindle版だけでした。弟はアメリカAmazonを利用しています。

くり返しくり返し読んで寝る前にもよく読んでいます。

ちなみに、アラレちゃんは多読記録につけていません。
早くアラレちゃんのつづきが届くといいね♪

WHAT'S NEW?